2019年09月04日

最初から最後までアクション満載の『ジョン・ウィック:パラベラム』

jhonwick.jpg『ジョン・ウィック:パラベラム』。日本では10月4日公開ですが、海外で先行して観ることができました。本作はジョン・ウィックシリーズの第3作目で、前作ラストの直後からストーリーが始まります。

個人的に期待していたのは、なんといっても真田広之の雄姿。どんな役なのか? キアヌ・リーヴスとどういう掛け合いをするのだろうか?
もうWAKU-WAKUが止まらない!(80年代風)そんな感じでしたよ!!
( ^ω^ )

しかーーーーーーーーーーーーーーーーーーし、
中盤になっても真田広之は出てこない。さらには終盤になっても出てこない。
そして、エンドロールが流れ、なんと映画が終わっちゃいました。

・・・えっと。
(# ゚Д゚) なんじゃ、こりゃーーー?

ガセ? ガセなの? ガセネタに踊らされたの、俺?

それとも、チョイ役で出演していたとか?
あれか? きゃりーぱみゅぱみゅが流れていた寿司屋の店員Bとか、そんなチョイ役?
 ★関連記事 ・Kyary Pamyu Pamyu - Ninja Re Bang Bang

あまりのことに呆然とし、ネットを検索しまくりました。すると・・・

どうやら、ケガの影響で降板したとか・・・。
あちゃー。残念無念 (ノД`)・゜・

おそらくマーク・ダカスコスが演じていた刺客の役をやるはずだったんだろうな。そういえば彼、不自然に日本語を話していたもんな。
「オマエヲ コロスノハ オレシカイナイ」って。

マーク・ダカスコスの存在感も素晴らしいものでした。ですが、あの役を真田広之が演じていたら、それはまた別の輝きを放っていたでしょう。

私は思いました。やはり「健康」って大事だな、と。どんなに大役やビッグチャンスが巡って来ても、体が健康でなければをそれを受け止められないのですから。
心身ともに健やかに、これに勝るものはございません!!!

あっ、映画フツーに面白かったですよ。何発撃たれても死なないキアヌが凄すぎるけどね・・・。


★関連記事
映画・ドラマレビュー一覧


ジョン・ウィック:パラベラム [Blu-ray リージョンA ※日本語無し](輸入版) -John Wick: Chapter 3 - Parabellum Blu-ray-


posted by すぱあく at 07:41| 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする